ビットウォーク(BitWalk)の始め方と使い方!|仕組みも合わせて解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
ビットウォークの始め方・使い方
悩む人

ビットウォークの仕組みや始め方を知りたい!
どういう使い方があるの?

このような悩みを解決します。

ビットウォークは歩いてビットコインが稼げるアプリです。

ビットコインは知名度も高く、暗号資産の中では時価総額No.1のコインですね。
2024年には半減期も迎えると言われており、コツコツ貯めておけば大きな利益を挙げることができるかもしれません。

但し、いきなり暗号資産を購入するのはハードルが高いと思います。

本記事では完全無料で楽しめるビットウォークの始め方や使い方について解説をしていきます。

BitWalk-ビットウォーク-歩いてビットコインをもらおう
BitWalk-ビットウォーク-歩いてビットコインをもらおう
開発元:Paddle.inc
無料
posted withアプリーチ
クリックして読める『目次』

ビットウォーク(BitWalk)の仕組み

ビットウォークの仕組み
名称BitWalk (ビットウォーク)
特徴歩いて稼げる
稼げる通貨ビットコイン(BTC)
運営会社株式会社 Paddle
公式サイトhttps://lp.bitwalk.jp/

ビットウォークは、株式会社 Paddleと呼ばれる日本の企業がリリースしたアプリです。

ビットウォークについて以下の順番で説明をしていきます。

  • 歩いてビットコインを獲得
  • 完全無料で楽しめる
  • 広告収入で運営

歩いてビットコインを獲得

ビットウォークでは250歩毎に1スタンプを受け取る仕組み。
スタンプはビットコインと交換することができ、以下の2通りの受け取り方があります。

・CM動画をみてビットコインを5倍受け取る
・ビットコインをそのまま受け取る

貰ったスタンプは翌日のAM3時にリセットされるので、必ず受け取りまで完了しておきましょう!

1日最大50スタンプ (12,500歩)が上限となります。

獲得できるビットコインは毎日のビットコインのレートや広告費により変動します。

完全無料で楽しめる

ビットウォークは完全無料でビットコインを稼ぐことができます。

アプリ内課金が必要なものもある中で、リスクなくビットコインを貯めることができるのは嬉しいですね!

暗号資産を購入するのが不安な方や普段から運動習慣がある方には最適なアプリと言えるでしょう。

BitWalk-ビットウォーク-歩いてビットコインをもらおう
BitWalk-ビットウォーク-歩いてビットコインをもらおう
開発元:Paddle.inc
無料
posted withアプリーチ

広告収入で運営

ビットウォークは無料でビットコインが貰えるので、収益モデルが気になる方もいるはず。

結論、ビットウォークは以下のように広告収益によって運営されています。

ビットウォークの仕組み
けん

一般的な広告収入によって運営されていることが分かりましたね!

ビットウォーク(BitWalk)の始め方

ビットウォークの始め方

ビットウォークの始め方は以下の3ステップです。

  • 暗号資産取引所の口座開設
  • アプリをダウンロード
  • 会員登録

使い方を今すぐ確認したい方はここをタップして『ビットウォークの使い方』にジャンプ!

暗号資産取引所の口座開設

ビットウォークで稼いだビットコインを換金するには暗号資産取引所の口座が必要です。

GMOコインはGMOインターネットグループの取引所で、暗号資産の取引や日本円の出金手数料などでお得になります。

けん

損をしたくない方は手数料に着目してみよう!

スクロールできます
項目GMOコインコインチェックビットフライヤー
BTC 取引手数料取引所:−0.01〜0.05%取引所:0%取引所:0.01〜0.15%
BTC 送金手数料無料0.001 BTC0.0004 BTC
日本円 出金手数料無料407円220円〜770円
手残り

口座を開設しておかないとせっかく貯めたビットコインを自分の資産にできません。

貯めた資産を無駄にしないように無料口座開設を済ませておきましょう!

\無料10分・スマホでかんたん/

アプリをダウンロード

ビットウォークのアプリをダウンロードしてください。

\ 完全無料 /

アプリをダウンロードできたら『次へ』をタップして画面を進めていきます。

ヘルスケアの歩数をONにして『許可』をタップします。

利用規約の内容を確認して『利用規約に同意して始める』をタップ。

会員登録

ビットウォークで稼いだビットコインを出金するには会員登録が必要です。
かんたんなので先に済ませておきましょう。

アプリの『マイページ』から右上の歯車をタップ。

会員登録』を選択します。

メールアドレスとパスワードを入力して『会員登録』をタップ。
会員登録が完了しました!

ビットウォーク(BitWalk)の使い方

ビットウォークの使い方

ビットウォーク(BitWalk)アプリの使い方は以下の通り。

  • 歩いてスタンプをもらう
  • 価格を予想する
  • ビットガチャを回す
  • 友達紹介制度を利用する
  • ビットコインの出金・換金をする

順番に説明をしていきます。

歩いてスタンプをもらう

ビットウォークでは250歩毎に1スタンプを受け取れます。
スタンプはビットコインと交換することができ、以下の2通りの受け取り方があります。

・CM動画をみてビットコインを5倍受け取る
・ビットコインをそのまま受け取る

貰ったスタンプは翌日のAM3時にリセットされるので、必ず受け取りまで完了しておきましょう!

1日最大50スタンプが上限となります。

獲得できるビットコインは毎日のビットコインのレートや広告費により変動します。

価格を予想する

価格を予測してビットコインを稼ぐことも可能です。

アプリを開いて『コンテンツ』から『価格予想』を選択してください。
当日のAM6時と翌日のAM6時を比較して、ビットコインの価格が『さがる』か『あがる』かを選択します。

ビットガチャを回す

続いてビットガチャでビットコインを稼ぐ方法を紹介します。
アプリを開いて『コンテンツ』から『ビットガチャ』を選択してください。

ガチャは1時間に1回、1日で最大5回まで広告を視聴後にガチャを回すことが可能で1等〜4等までがあります。

1等:報酬10倍 (確率5%)
2等:報酬5倍 (確率10%)
3等:報酬2倍 (確率40%)
4等:報酬1倍 (確率25%)

獲得できる報酬は毎日のビットコインのレートや広告費により変動します。

友達紹介制度を利用する

友達紹介制度について解説をします。
アプリを開いて『コンテンツ』から『友達紹介』を選択してください。

招待リンクから友達を招待すれば、普段の報酬をアップすることができます。

ビットコインの出金・換金をする

ビットウォークで稼いだビットコインは出金・日本円に換金することができます。
手順は以下の通りです。

  1. 暗号資産取引所の口座を開設
  2. 出金アドレス(ウォレットアドレス)を登録
  3. 出金を申請
  4. ビットコインを日本円に換金

0.2mBTC以上を貯めないと出金できないので、注意しておきましょう。

よくある質問

ビットウォークでよくある質問をまとめました。

  • ビットウォークは怪しい?評判は?
  • ビットウォークはいくら稼げるの?
  • ビットウォークはポイントサイト経由で登録できる?

ビットウォークは怪しい?評判は?

App StoreとGoogle Playを調べてみたところ、評判と口コミは以下の通りでした。

ストア名2024年1月24日時点
App Store評価件数 4.6万件
星4.2
『ヘルスケア/フィットネス』で25位
Google Playダウンロード数 10万以上

ダウンロード数も増えてきており、人気のあるアプリであることが分かります。

ビットウォークはいくら稼げるの?

Twitter上での報告を見ていると、月に数十円程度を稼いでいる方が多いようです。

筆者も実際に体験してみたところ、1週間で約17円稼ぐことができました。
※1BTC = 550万円として算出

ビットウォークはポイントサイト経由で登録できる?

2024年2月時点では、ポイントサイト経由で登録することはできません。

ビットウォーク(BitWalk)の始め方・使い方まとめ

ビットウォークの始め方・使い方まとめ

本記事ではビットウォークの使い方について解説をしました。

ビットウォークは歩いてビットコインが稼げるアプリ。

名称BitWalk (ビットウォーク)
公式サイトhttps://lp.bitwalk.jp/
運営会社株式会社 Paddle
通貨ビットコイン

具体的な使い方も解説をしました。

  • 歩いてスタンプをもらう
  • 価格を予想する
  • ビットガチャを回す
  • 友達紹介制度を利用する
  • ビットコインの出金・換金をする

気になる方はダウンロードして使用してみてくださいね。

BitWalk-ビットウォーク-歩いてビットコインをもらおう
BitWalk-ビットウォーク-歩いてビットコインをもらおう
開発元:Paddle.inc
無料
posted withアプリーチ

記事の内容は以上となります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

クリックして読める『目次』